税理士と上手に付合う

会社設立だけでなく、税務関係の相談や書類作成も依頼できる税理士への会社設立代行依頼ですが、その報酬は、司法書士や行政書士に依頼するより安いことがほとんどです。実は、税理士が会社設立代行を行う場合は、その後の会計記帳や決算、税務深刻など顧問契約が必須になっていることが多いのです

この顧問契約や顧問契約料に尻込みして税理士への依頼を躊躇することもあるかもしれません。ですが、帳簿の精査や納税額の計算など、税務の領域は一般には難しいもの。慣れない上にとても煩雑な税務関係の書類を作成してくれたり、定期的帳簿を確認してくれたりする顧問税理士がいることは、経営上も安心できます。

さらに、余分な税金を払わなくて良いよう有利な税務の特例を教えてもらえたり、融資を受ける際の資料作成や、金融機関の紹介をしたりしてもらえることも。会社設立時から会社のことを深く考え、知っている税理士さんと、会社がよくなるように常にアドバイスしてもらえる関係を作っておくのは、会社を存続させるためには、重要なことといえるでしょう

そんな税理士とのお付合いのきっかけにもなる、会社設立代行依頼は、会社にとっても大切な選択。のびる会社に必要なのは、ヒト・モノ・カネ・情報の4つの要素。その一端を担ってくれるパートナー選びを、会社設立代行で始めてみてはいかがでしょうか。

関連サイト / 会社設立 代行

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×