代行手続きができる人

会社設立手続きは、たしかに、自分でできますし、そのほうが安い、と思いがちです。しかし、時間的にもコスト的にも大きな手間と費用がかかってしまうことが多いもの。では、誰にお願いするとよいのでしょうか。

会社設立手続きは、誰にでもできる手続きではありません。一般的に「士業」と言われる職業の司法書士や行政書士、税理士に依頼することになります。インターネットで検索すると、会社設立代行をうたう多くのサイトがでてきます。実は、会社設立の手続きは大きくわけて二つあり、各「士業」でできる範囲は、法律上で明確に分けられています。

会社設立に必要な手続きは、会社の基本ルールを書面にまとめた「定款の作成と認証」と、必要な書類を用意して法務局で申請する「登記申請」です
司法書士は「定款の作成と認証」「登記申請」の二つを行うことができます。司法書士にお願いすれば、会社設立手続きは完了します。

行政書士は「定款の作成・認証」が可能です。登記申請は自分で法務局へ行く必要があります。税理士は、法律上「定款の作成・認証」「登記申請」の双方を行うことができません。そこで、税理士が会社設立を代行する場合は、税理士単独ではなく、事務所やグループに所属したり、提携したりする司法書士が行っています

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×