なぜ税理士に頼むのか

明確に業務範囲が分かれているのであれば、単独で業務が終わる司法書士にお願いするのが一番のように思われます。ですが、司法書士に依頼した場合は報酬が高くなります。通常は4~8万円が相場です。行政書士であれば、登記申請は自分で行うので、その分費用が安くなり、中には1万円を切って手続きをする行政書士もいます。

対する税理士は、単独で代行手続きをすることはできません。ですが、設立をすすめるにあたって税理士に入ってもらう大きなメリットがあるのです。それが税務サポート。決算月はいつがいいか、資本金はどのくらいよいかだけでなく、新規融資などのサポートなどを設立手続きと同時に受けることができるのです。司法書士や行政書士は税務上の相談を受けることが禁じられているので、そういったアドバイスを受けることはできません。

ですが、設立する上でも、会社設立後も、重要なのはお金の問題。設立前から継続して相談できる相手がいることは、会社を存続させる上でも重要なポイントになります。

会社設立時は、どのように仕事をしていくか、顧客をどのように獲得していくか、など、会社の運営に目がとられがち。ですが、経理体制や資金調達の問題は、それと同じくらい重要です。だからこそ、お金のプロが運営と一緒に考えてくれると、安心なのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×